【特集】子犬がドッグフードを食べないのは飼い主さんの行為!止めれば改善!

子犬がドッグフードを食べない

子犬がドッグフードを食べないのは飼い主さんの行為!止めれば改善!

子犬がドッグフードを食べてくれない!と悩みの方に向けて原因と対策方法を解説します。

新しく家族を迎え入れた飼い主さんには凄く気になる話題だと思いますが、そんな方がやってしまいがちなドッグフードをあげるときの NG 行動につい解説します。

子犬の愛犬が思ったようにドッグフードを食べてくれない場合、その理由はドッグフードをあげる飼い主さんに問題があるという事ことが多いのです。

飼い主さんは「愛犬が遊んでばかりでドッグフードを食べてくれない」「ドッグフードに興味がない」と感じられるでしょう。

確かにペットショップではドッグフードをモリモリ食べていたので、家に来たら当たり前にドッグフードは食べてくれるものだと思うかもしれません。

しかし、ドッグフードを食べる時にしっかりと教えてあげないといけないことがあり、それも教えてからでないと思うようにドッグフードを食べてくれないのです。

どの飼い主さんも「新しい子を家に迎えたのにドッグフードを全然食べてくれなくて心配」という経験されたことがあると思います。

そういう飼い主さんのほとんどの方がやっているあるNG行為があるのです。

子犬がドッグフードを食べない飼い主さんの行為

アランズナチュラルドッグフードの口コミイメージ

これから説明するNG行為を知らずにずっと続けてしまうとおうちの子が将来「好き嫌いがある」「食べて欲しいドッグフードを食べてくれない」という状態になってしまう可能性があります。

ただ今回の解説を読んで頂き、その行動を取らないようにするだけで、おうちの子がしっかりドッグフードを食べてくれるようになってくれるはずです。

そんなNG行為を止めるだけで、愛犬がドッグフードの食いつきが劇的に変わった事例が多いのです。

それでは結論からお伝えすると、おうちの子にドッグフードをあげるときにやってはいけないNG行為は3つあります。

ドッグフードをあげるときに

Caution
  • 周りで音を立てない
  • ドッグフードを手で与えない
  • トッピングはしない。

これらの行動をしてしまいたくなる気持ち凄く分かります。

しかしドッグフードをあげる時にこれらの行動を一つでもしてしまうと必ず食事に対する興味が低下してしまいます。

「ドッグフードしっかり食べてるか見ていないと」

「子犬だから手であげないと食べられないよ」

「トッピングしないと美味しくなさそう」

と思いますよね。

ただこれらは全てNG行為です。では、どうしたらいいかと言うとドッグフードをあげたらその場から離れてください。

そうすることでこれらNG行為ができなくなります。

そもそもなぜこれらの行動をしてはいけないのか、具体的な理由として、愛犬にドッグフードに集中する時間をしっかり取らせてあげてほしいのです。

一緒にいるとつい声もかけたくなりますし、お顔も見てあげたくなりますよね。

そうするとおうちの子が飼い主さんが「構ってくれる」「遊んでくれる」と思うようになります。

目の前にドッグフードと大好きな飼い主さんがいたら、飼い主さんの方を見て駆け寄って来るのは当然のことです。

そうなるとドッグフードを集中して食べられない子になってしまいます。

覚えておかないといけないとても大切なこととして、人間は食事は栄養の摂取以外に幸せを感じたり、友人とコミュニケーションを取ったりなど、様々な目的があると思います。

しかし子犬にとって食事は生きるためのものです。それをしっかり教えてあげる必要があります。

もちろんどんなワンちゃんにも美味しくドッグフードを食べてもらいたいですが、一番に優先することは食事をとらないと生きていくことができないということを知って、体に教え込んであげることが大切です。

幼少期の段階で出されたドッグフードをしっかり食べる習慣をつけてあげることで、大きくなっても好き嫌いという概念もなくなりますし、食事の変更などもスムーズに行うことができます。

今回の内容を見て頂いて、うちの子は「遊び食べしてる!NG行為をやりまくってる」と思ったら注意しましょう。

ただ、今、NG行為をしていても全く問題ありません。今日から少しずつ始めてあげてください。

お家に迎え入れてまだ日が浅い場合は今日から直ぐににそのNG行為を改めていただければ、必ずおうちの子にドッグフードを食べることの重要性を理解してもらえます。

また、大人になったワンちゃんでも飼い主さんが少しずつ変えていていけば時間は掛かるかもしれませんが、きっと変わってくれます。

大切なのはドッグフードを食べるということの重要性をしっかり理解してもらうということですね。

とにかくドッグフードを食べている時は他のことに興味が散らないようにしてあげることです。

どうしても心配で見たい方はですね外部カメラを置いて隣の部屋から見てください。

ぜひ実践してみてください。