【幸せ老犬生活】老犬が快適に暮らせる「生活習慣」を見直そう

老犬 生活習慣

老犬が快適に暮らすため生活習慣を見直そう

老犬の快適な生活のためには、食事の見直し、散歩の継続、住環境の改善、コミュニケーションの充実、お手入れとケアの徹底が重要です。愛犬の状態に合わせて取り組み、少しずつ変化を加えて快適な環境を提供しましょう。

まずは生活の見直しを!

「うちの子、年齢的には老犬になったけれど、まだまだ元気。でも、このままの生活で大丈夫なの?」と、不安に思っている飼い主さんも少なくないでしょう。

7歳になったら直ぐにに食事を切りかえて、住まい環境を見直しましょうというわけではありませんが、これからの生活を見直す良いチャンスです。

愛犬のようすを見ながら、老犬向けの生活に切り替えていくと良いでしょう。

ただし急に生活が変わると犬が驚いてしまうので、少しずつ変えていってあげてください。

愛犬が健康を維持し、幸せに暮らすためにできることを考えましょう。

快適に暮らそう!シニアになったら見直したい10のこと

愛犬が7歳になったら、または「年をとったな」と感じたら、まずは以下の10のことから見直しましょう。

ライフステージに合わせて、臨機応変に対応してあげることが大切です。

その1:食事

脂質を抑えたフードにし、食べやすい工夫を消化機能が衰えるので、脂質を控えたフードに切りかえましょう。

食べづらそうにしているのであれば、食べやすくなる工夫をしてあげます。

その2:散歩

歩きづらそうでも散歩は続けて、筋力キープを目指そう!筋力キープのためにも欠かせない散歩。

愛犬の状態に合わせて、無理なく、安全に、楽しく散歩が続けられる方法を考えましょう。

その3:住まい環境

愛犬の状態に合わせてケガのないような工夫をケガをしないために、部屋のレイアウトなどを見直しましょう。

特に階段や段差、角、床などはケガをしやすいので、対策が必要です。

その4:コミュニケーション

関係が希薄になってない?

愛犬との関係を見直そうシニアになると寝ていることが多くなり、飼い主さんとの関係が希薄になりがちです。

若さをキープするためにもふれあいの時間を多くもち、犬を喜ばせてあげましょう。

その5:お手入れ、ケア

健康を守るために今以上に念入りに行ないましょう爪切りやブラッシング、肉球のケアなどを定期的に行ない、病気やケガの予防を!

特に歯みがきは、健康を守るうえで重要です。

その6:定期的な健康チェック

定期的に獣医師の診察を受け、健康状態を確認しましょう。老犬は病気や体調の変化が起こりやすいため、早期発見と治療が重要です。

その7:快適な休息スペースの提供

快適な寝床や休息スペースを確保しましょう。老犬は休息が必要であり、関節や筋肉の痛みを軽減するために、適切なクッションやベッドを提供しましょう。

その8:心理的と精神的な刺激

老犬も心の刺激が必要です。愛犬との遊びやトレーニングを通じて、心理的な刺激と精神的な刺激を与えてあげましょう。また、おもちゃやパズルなどの適切な刺激を提供することも助けになります。

その9:必要な医療ケアの提供

老犬は特定の健康問題に直面する可能性があります。例えば、関節炎、視力や聴力の低下、認知症などです。必要な場合は、獣医師の指示に従って医療ケアを提供しましょう。

その10:適度な運動とリハビリテーション

適度な運動とリハビリテーションは老犬の筋力維持や関節の柔軟性を促進し、健康をサポートします。ただし、愛犬の体力や状態に合わせた運動を行い、無理のない範囲で行うようにしましょう。

以上の要点を考慮して、老犬が快適に暮らせるように配慮してください。定期的なケアと愛情を注いで、愛犬の健康と幸福をサポートしましょう。

まとめ

老犬の快適な生活をサポートするために、以下の5つのポイントを見直していきましょう。

  1. 食事について
    脂質を抑えたフードに切り替えると共に、食べやすさに配慮しましょう。消化機能が衰えることがあるため、食べやすい工夫をすることが重要です。
  2. 散歩について
    歩きづらそうでも、筋力を維持するために散歩を続けましょう。愛犬の状態に合わせて、無理のない範囲で安全かつ楽しく散歩を続ける方法を考えましょう。
  3. 住まい環境について
    愛犬の状態に合わせて、ケガをしないような工夫をしましょう。特に階段や段差、角、床などはケガをしやすいので、対策が必要です。
  4. コミュニケーション:について
    関係が希薄にならないように、愛犬との関わりを見直しましょう。シニアになると寝ている時間が増える傾向がありますので、愛犬と触れ合う時間を増やし、喜ばせてあげましょう。
  5. お手入れとケアについて
    健康を維持するために、お手入れとケアを徹底しましょう。爪切りやブラッシング、肉球のケアなどを定期的に行い、病気やケガの予防に努めましょう。特に歯みがきは健康維持に重要です。

これらのポイントを考慮しながら、愛犬のライフステージに合わせた生活環境を整えてあげることが大切です。注意しながら少しずつ変化を加え、愛犬が快適に過ごせるようにサポートしましょう。

 

 
ドッグフードおすすめランキング@犬餌王
涙やけが治ったフード!口コミで人気の市販を含めたランキング
犬の涙やけサプリランキングおすすめ3選!
獣医師おすすめドッグフード子犬用人気9選!
ヒューマングレード国産ドッグフード人気ランキング
老犬ドッグフードおすすめランキング
犬のデンタルケアおすすめ&口臭サプリ人気ランキング
柔らかい老犬ドッグフードランキング
大型犬ドッグフード・グレインフリーおすすめランキング
チキンアレルギー対応ドッグフードの市販を含めランキング
食いつきの良いドッグフードランキング@絶対食べる無差別級
膝蓋骨脱臼・パテラに良いドッグフード
食ふん防止ドッグフードのおすすめのランキング!口コミを反映!
低タンパクドッグフードのおすすめランキング!食いつき反映!
犬の白内障サプリランキング!犬の目が青白い時のおすすめ対策は!
老犬サプリ&ケアおすすめランキング@口コミで効果が高かったベストがコレ